So-net無料ブログ作成

Stereo誌2012年1月号の付録 LXA-0T1で遊ぶ [オーディオ]


1.2p155.jpg.scaled1000.jpg

いつも付録で楽しませてくれるstereo誌ですが、今回はなんとデジタルアンプ!

このことを知ったのは発売日を過ぎた数日後、amazonでは完売でしたが翌日アクセスするとなんと定価で販売

すぐポチ!

届いたのは年末、正月休みでやっと遊ぶことが出来ました






1.2DSCF0047.jpg


一昨年の付録のスピーカーで音だし






1.2DSCF0038.jpg


定評のあるデジタルアンプ TDA7491HVを使っているのもありますが、なかなかの音色

LUXMANとの共同企画も納得がいきます

しかもプリ部分のOPアンプはICソケット付き・・・・

これは試してみるしか無いですね






1.2DSCF0064.jpg


以前ヘッドフォンアンプを作った時のOPアンプで試聴・・・・

僅かな違いしか無いですがJRC社の4558Dとバーブラウン社のOPA2604APと悩みましたが後者を選択






1.2DSCF0079.jpg


裸では可哀想なので手元にあったタッパーでケースを製作

こうなると他のアンプと比較したくなってしまいますねえ






1.2DSCF0086.jpg


以前作った秋月のアンプキットとカマデンのデジタルアンプキット TA2020で作った自作アンプ

数百円の秋月のキットには勝ちましたが、TA2020のデジタルアンプとは良い勝負

2800円の本の付録、付録の値段は2000円ぐらいです、このことを考えるとstereo誌はすごい!

電源を強化してコンデンサーをオーディオ用に交えるだけで数万円のコンポに勝ちそうな感じです

まあ、そこまでの気力は無いので・・・・・





1.2DSCF0087.jpg


リビングのサブシステムになりました

なかなか楽しめた2000円でありました

こういった楽しみをする人は少数になったと思いますが、そんな少数派を満足させてくれるこの雑誌は本当に凄いと思います

これからもいろんな企画、楽しみにしています


今年最初のネタがオーディオとは・・・・・

今年はどうなることやら(笑)









nice!(24)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。